お葬式の喪主は誰がなる?

喪主は誰がなるべきか?喪主の決め方や役割、施主との違いなどについて解説します。

誰が務める?喪主の決め方

喪主の決め方として、一般的には故人の配偶者や、家長にあたる遺族が務めることになります。配偶者が喪主を務めるのが困難な場合などは、故人と血縁関係の深い人を優先して決めるのが慣習です。

優先順位としては、長男、次男以降の直系男子、長女、次女以降の直系女子、故人の両親、故人の兄弟という順になります。故人に配偶者や血縁者がいない場合は友人・知人が「友人代表」「世話役代表」として喪主を務めても良いですし、喪主が複数人でも問題はありません。

葬儀での喪主の役割とは?

喪主には、遺族の代表として葬儀全体を取りまとめるなど重要な役割があります。そこで、知っておきたい喪主の役割についてまとめてみました。

依頼する葬儀社の決定

喪主が中心となって葬儀社を選定します。もしもの時に慌てないように、事前に複数社を比較検討しておくと良いでしょう。また、どのような葬儀にしたいのか、形式や規模なども考えておくことをおすすめします。

葬儀の主催・取りまとめ

葬儀社との打ち合わせで、葬儀の形式やプラン、日程などを決めていきます。通夜や告別式の当日も、斎場設営や返礼品の手配、進行などが予定通りかどうかを確認します。

寺院への連絡・お布施の用意

お付き合いのある菩提寺があれば、連絡して日程調整を行います。菩提寺がない場合は、寺院手配サービスを利用する方法もあります。また、お勤めいただく僧侶へのお布施やお車代なども用意しておきましょう。

会葬者への挨拶・葬儀の喪主挨拶

喪主は、葬儀の様々な場面で挨拶をします。会葬者や僧侶へのお礼の挨拶や、告別式もしくは出棺時の喪主挨拶、精進上げの席での挨拶などです。

喪主と施主との違いは?

葬儀全体のことを監督するのが喪主なのに対して、葬儀の費用を支払うのが施主です。一般的な葬儀では、遺族が喪主と施主を兼務することが多いですが、場合によっては別の人が務めることもあります。

また、社葬の場合は、遺族が喪主を務め、会社が施主となって費用を負担します。施主の代表者は、葬儀委員長として葬儀を取り仕切ることが多いです。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す