死亡後に必要な届けや諸手続は?

大切な人が亡くなった後、家族がやらなければならない手続きや届け出について解説します。

葬儀前に必要な手続き・届けは?

死亡の直後から葬儀前、速やかに行う必要のある手続きや届け出には、以下のようなものがあります。

死亡届

医師から死亡診断書を受け取り、ご遺体を安置場所に搬送したら、死亡診断書と共に死亡届を役所へ提出します。届出先は、故人の本籍地または死亡した場所か、届出人の所在地のいずれかにある役所の戸籍・住民登録窓口です。遺族ではなく、葬儀社が代行して提出することもあります【期限】7日以内

火葬許可申請

葬儀を行う前に、火葬の際に必要となる「火葬許可証」を発行してもらうことが必要です。死亡届と共に申請して、死亡届が受理された後、その場で交付されます。受け取った火葬許可証は、火葬場で提出してください。【期限】葬儀・火葬前(死亡届と同時)

葬儀後に必要な手続き・届けは?

葬儀の後にも、なるべく早くしなければならない手続きや届け出がいくつかあります。

年金受給資格喪失・受給停止の手続

年金の被保険者が死亡したときは、国民年金・厚生年金の資格喪失届出を提出する必要があります。また、年金受給者が亡くなったときは、年金受給者死亡届を提出しなければなりません。【期限】14日以内

介護保険資格喪失届

介護保険の被保険者が亡くなった場合は、役所の福祉課窓口などに介護保険資格喪失届を提出します。【期限】14日以内

住民票の抹消届、世帯主の変更届

故人が3人以上世帯の世帯主だった場合、世帯主変更の届出をしなければなりません。住民票抹消届と世帯主変更届は、役所の戸籍・住民登録窓口に提出します。手続きには、届出人の印鑑と本人確認ができる証明書類が必要です。【期限】14日以内

雇用保険受給資格者証の返還

故人が雇用保険を受給していた場合は、受給資格者証を返還してください。受給資格証、住民票、死亡診断書などの必要書類を持って、ハローワークで手続きをします。【期限】1か月以内

遺言書の検認

故人の遺言書があれば、家庭裁判所で検認を行います。未開封の遺言書原本のほか、故人と相続人全員の戸籍謄本が必要です。【期限】なるべく速やかに

各種名義変更・解約

不動産・預貯金・株式・固定電話・公共料金の名義変更、クレジットカードの解約、自動車所有権の移転(相続後15日以内)などを速やかに行いましょう。相続をすべて放棄する場合は、3か月以内に相続放棄の手続きをします。相続税の申告・納税は、死亡日の翌日から10か月以内です。

その他

その他、運転免許証の返納やパスポートの失効手続き、所得税準確定申告・納税(4か月以内)なども、なるべく早めにする必要があります。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す