お布施を渡すタイミングは?

知っておきたいお布施のマナーや金額の相場、お渡しするタイミングについて解説します。

お布施はいつ渡したら良い?

お布施を渡すタイミングとしては、葬儀の前、僧侶に挨拶するタイミングでお渡しすることが多いようです。

お布施を渡す時の注意点

お布施を渡す際は、「今日は〇〇(故人)のためにお勤めよろしくお願いいたします」など、一言添えるようにしましょう。ただ、葬儀の前は、会葬者への対応などで時間がないこともあります。

その場合、葬儀前には挨拶のみで、葬儀が終わってから御礼の挨拶と共にお布施を渡しても大丈夫です。なお、僧侶のお車代や、通夜振る舞いを辞退した場合の御膳料も、お帰りになる際に御礼の挨拶をしてお渡ししましょう。

お布施を渡す際のマナー

お布施は、直接手渡しするのではなく、「切手盆(きってぼん)」と呼ばれる、黒くて小さな四角いお盆にのせてお渡しするのがマナーとされています。

葬儀社が切手盆を用意してくれることもありますが、なければ袱紗(ふくさ)でも構いません。お渡しする際に袱紗から取り出して、袱紗の上にお布施をのせて渡します。

また、お札の包み方についても注意が必要です。お布施を包む際は、お札の向きを揃え、封筒の表面に肖像が見えるようにして、封筒の口に近い方に肖像が印刷されている側(右側)がくるように入れてください。お布施として包むお札は新札を用意します。

葬儀のお布施の相場は?

お通夜から、葬儀・告別式、初七日法要までの読経・供養を依頼した場合、お布施として20~30万円ほど包むことが多いようです。

しかし、お布施の金額は、お寺との関係、宗旨宗派、地域などによっても異なります。ちなみに熊本県では、寺院へのお布施の平均金額は約30万円だそうです。

「お布施をどのくらい包んだら良いか分からない」という場合は、寺院を紹介してくれた葬儀社に相談するか、菩提寺の僧侶に直接尋ねても失礼ではないとされています。

僧侶にお尋ねする際は、「皆さんはどれくらい包まれていますか?」という聞き方をすると、お布施の目安をお話しやすいかもしれません。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す