熊本の葬儀マナーやしきたりは?

熊本県の葬儀に関するマナーやしきたり、葬儀費用の相場などをまとめました。

熊本の葬儀にまつわる風習やマナー

葬儀には地域によって様々な風習やマナーがありますので、熊本県で見られる葬儀の習わしについて紹介していきます。

友引でもお葬式を行う

全国的に見ても、友引の日には葬儀を行わないのが一般的ですが、熊本県では友引でも葬儀を行います。これには、友引の葬儀を気にしない浄土真宗の方が多いという理由があるそうです。

近隣住民と助け合う「葬式組」がある

農村部などの地域には、近隣と助け合って葬儀の準備を行う「葬式組」があります。また、村が所有する納骨堂に、組ごとに納骨する風習がある地域もあります。

香典のほかに夜伽(よとぎ)見舞いを渡す

香典のほかに夜伽(よとぎ)見舞いを渡す通夜(夜伽)に参列するとき、香典とは別に、「夜伽見舞い」の品物を遺族に渡す慣習があります。遺族は、通夜の後、いただいたお菓子やお酒などを食べながら過ごします。そして、夜伽見舞いをいただいた方には、香典返しの品物を多く返すのがマナーです。

通夜振る舞いでおにぎりを出す

通夜の後、参列者に食事の席を設ける「通夜振る舞い」では、おにぎりを振る舞うことが多いです。これは、葬儀の準備や対応で忙しい遺族を気遣う思いから慣習になったと言われています。

出棺の時、故人の茶碗を割る

熊本県や西日本地域では、出棺時に故人の茶碗を割る「茶碗割り」という風習が広く見られます。故人の愛用していた品を壊すことで、現世への未練を断って無事に成仏してほしいという思いが込められているそうです。

出棺時に棺を3度回す

熊本県の一部地域では、出棺の際、近親者が棺を持って3度回す「棺回し」という風習があります。棺を回す理由としては、故人の方向感覚を狂わせることで、家に帰ってきてしまわないようにするためという説や、棺を回すことで現世での罪をなくして成仏できるようにするためという説があります。

前火葬を行う地域が多い

全国的には葬儀後に火葬をする「後火葬」が一般的ですが、熊本市をはじめとする県内の多くの地域では、葬儀前に火葬をする「前火葬」が多く見られます。前火葬の場合、葬儀・告別式の時には故人は遺骨になっているため、最後に故人と対面したい方は出棺前に参列してください。

熊本での葬儀費用の相場は?

熊本県の葬儀費用の平均金額はおよそ170万円です。内訳としては…

  • 葬儀一式費用(葬儀そのものに係る費用)=約110万円
  • 飲食費(通夜振る舞いなど)=約20万円
  • 寺院へのお布施=約30万円
  • その他費用(返礼品)=約10万円

となっています。葬儀費用の総額の全国平均は約200万円なので、熊本県は全国平均よりも30万円ほど安いことが分かります。

その理由として挙げられるのは、葬儀をサポートしてくれる「葬式組」の存在で葬儀一式費用が比較的安いことと、おにぎりなどの通夜ぶるまいのため飲食費の負担も少ないことです。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す