香典返しなど葬儀後にやることは?

葬儀後にする香典返しや初七日法要、お礼回りについて、知っておきたいマナーなどを解説します。

香典返しのタイミングやマナーは?

香典返しは、四十九日の忌明け法要の翌日にお渡しするのが一般的です。初七日から忌明けまでの間に準備を行います。遠方の方など直接手渡しするのが難しい場合は、忌明け法要の翌日に届くように手配しましょう。【注意】もし香典袋の中に「香典返し不要」と書かれていたら、その方には香典返しを贈ると失礼になりますので気を付けてください。

香典返しの相場は?

気になる香典返しの相場ですが「半返し」と言われ、いただいたお香典の半額相当の品物を贈ることが多いです。

ただし親族などから高額のお香典をいただいた場合は、必ずしも半額相当をお返しする必要はなく、いただいた金額の1/3~1/4程度の品物を選んでも良いでしょう。

香典返しの品物は何が良い?

香典返しの品物としては、後に残らない「消えもの」がふさわしいとされています。定番人気の品物は、

  • お菓子
  • お茶
  • 海苔
  • タオル
  • 石鹸

といった消耗品などです。最近では、贈られた方が好きなものを選べるカタログギフトも定番のひとつとなっています。

ちなみに、葬儀当日に「当日返し」の返礼品をお渡ししている場合は、忌明け後の香典返しの予算も変わります。例えば、葬儀当日に2,500円の返礼品をお渡しして、いただいたお香典が5,000円であれば、半返しができているので香典返しは不要です。

もし10,000円をお香典としていただいたら、2,500円の当日返礼品に加えて、忌明け後に2,500円程度の香典返しをお渡ししましょう。

葬儀後に行う初七日法要について

本来は、亡くなられてから七日目に行う「初七日法要」ですが、最近では、火葬後の還骨法要に続いて「繰り上げ初七日法要」を行うことが多いです。

初七日法要を済ませた後は、親族の服喪期間明けの食事として精進上げ(精進落とし)の席を設け、葬儀でお世話になった方々を労います。精進上げの開始時と終了時には、喪主から挨拶をしましょう。

お礼回りをする・お礼状を送る

葬儀を手伝ってくれた方やお世話になった方へは、葬儀後一週間以内を目安に、お礼の挨拶へ行きます。遠方から供花を贈ってくれた方や弔電をいただいた方には、お礼状を書いて出しましょう。

また、香典返しを手渡しではなく配送する場合も、お礼状・挨拶状を添えて贈ります。内容としては、お香典のお礼をはじめ、忌明けが済んだことや戒名の報告などを書くと良いでしょう。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す