通夜

お通夜の流れや当日準備すること、参列者や僧侶への対応についてまとめました。

通夜前の準備について

お通夜当日、葬儀社が遺体を搬送して、斎場設営を行います。遺族は、設営が予定通りにできているかどうかや、供花の順番と贈り主の名前、会葬礼状や返礼品の手配状況などを確認しておくことが必要です。

関係者の打ち合わせでは、葬儀社、遺族、受付係、司会者などで、進行について最終確認をします。また焼香の作法も念のため確認しておくと安心です。

お通夜の一般的な流れと留意点

弔問受付

弔問受付をお願いする人は、親族、会社関係者、地域の方など様々です。喪主と遺族から、感謝の気持ちをきちんと伝えて、場合によっては心付け(こころづけ)を用意しておきましょう。

通夜開始の30分ほど前から受付を開始。受付の前列では、参列者から香典を預かり、芳名帳または芳名カードに氏名や連絡先を書いてもらいます。後列では、会計係が氏名と香典を照合して現金管理をします。

※心付け(こころづけ)とは=お礼の気持ちとして渡すお金のこと

一同着席、僧侶入場して開式

喪主を筆頭に、故人と近い人から着席順を決めてください。親族が着席した後、弔問客へ着席の案内があります。開始時刻になると僧侶が入場し、司会者からの案内に応じて一同合掌礼拝して開式となります。

読経、焼香

僧侶による読経が行われた後に、焼香となります。焼香を行うのは、喪主、遺族、親族、弔問客の順番です。焼香が終わると、僧侶による法話が始まる場合もあります。

僧侶退場、喪主の挨拶、通夜終了

僧侶が退席する際、遺族はお辞儀をして見送ります。その後、喪主は参列者に挨拶を行い、参列への感謝などを伝えましょう。また、通夜ぶるまいや翌日の葬儀についても案内します。

通夜ぶるまい

通夜の後1~2時間ほど、遺族が取り仕切って、料理や酒で参列者をもてなす「通夜ぶるまい」の席を設けます。準備ができたら、僧侶を上座に案内してください。

僧侶が辞退した場合は、御膳料を包むのが一般的です。お布施やお車代も用意しておきましょう。通夜ぶるまいが始まったら、遺族は各テーブルへ挨拶して回ります。

棺守り

遺族だけが残り、夜を通して灯明と線香を絶やさないように、棺に寄り添って過ごします。翌日に葬儀もありますので、無理をせずに身体を休めることも大切です。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す