火葬

火葬場での対応から遺骨安置後の法要まで、火葬の流れをまとめました。

火葬~納骨までの流れ

火葬場への移動

遺族、親族、親しかった友人・知人のみ火葬場へ向かいます。火葬場では、役所で受け取った「火葬許可証」を提出してください。火葬後には火葬済証明印が押されて「埋葬許可証」になります。

納めの式

火葬炉の前で僧侶が読経と焼香をした後、喪主から順番に焼香していきます。その後、全員で合掌して、棺が火葬炉の中に納まるのを見送ります。

火葬

火葬にかかる時間は1~2時間ほど。控室には飲み物やお菓子が用意されていることが多く、参列者はそこで火葬が終わるのを待ちます。遺族は、僧侶や参列者へのもてなしにも気を配りましょう。

骨上げ

骨上げ台に乗った遺骨を、竹箸を使って参列者二人一組で拾い上げ、骨壺の中に納めていく儀式です。喪主、遺族から順番に行います。足の骨から上半身に向かって拾っていき、最後に喉仏の骨を納めるのが一般的です。

火葬後の法要の流れ

遺骨安置の準備、後飾り

喪主や遺族が火葬場にいる間に、葬儀社や残った遺族は遺骨を迎える準備をします。四十九日が忌明けまで、喪主や故人の自宅の後飾り祭壇に遺骨を安置することが多いです。

還骨法要

後飾り祭壇に遺骨、位牌、遺影を安置したら、遺骨を迎え入れる儀式を行います。宗派によって「還骨回公」や「還骨勤行」と言われることも。僧侶による読経とともに、遺族が順番に焼香します。

繰り上げ初七日法要

本来、亡くなられた日から数えて7日目に行う「初七日法要」ですが、最近では遺族の再来訪の負担を考慮して、還骨法要に続いて「繰り上げ初七日法要」を行うことが多いです。

他にも、葬儀時の読経に続いて初七日の読経をする「式中初七日」もありますが、一般参列者を法要に付き合わせることになる点には注意が必要でしょう。

精進上げ

火葬後の法要を済ませた後に、「精進上げ」として会食の席を設けます。地域によって「精進落とし」「お斎(おとき)」とも呼ばれることも。

精進上げには、遺族や親族が服喪期間明けに、肉や魚、飲酒など、普段の食事に戻す意味があります。また、葬儀でお世話になった方を労う席としての意味合いも強いです。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す