大切な故人を心を込めて見送る葬儀ガイド【熊本市版】 » 葬儀の流れ  ~大切な家族が亡くなったらするべきこと~

葬儀の流れ ~大切な家族が亡くなったらするべきこと~

ここでは、もしもの時に慌てないように、葬儀のスケジュールや段取りについて紹介します。

家族が事前に知っておきたい葬儀の流れ

大切な人との別れや葬儀は誰にとっても慣れないものですが、最期の時間をできるだけ慌てず過ごせるように、葬儀の流れや注意点を事前に確認しておきましょう。

葬儀の形式や宗派などによって流れや詳細に違いはありますが、一般的な仏式の葬儀について全体の流れをまとめてみました。

事前準備

もし大切な人が亡くなられた時は、病院から死亡診断書を受け取り、葬儀を取り仕切る葬儀社を決めることになります。突然のことに混乱してしまったり、葬儀のことで後悔したりしないために、もしもの時にやることを事前に把握しておくと良いでしょう。ご逝去の後に病院で行うことから、葬儀の打ち合わせ・納棺までの流れを詳しく解説します。

大切な人が亡くなった時、まず家族がするべきこと

通夜

通夜前の準備では、斎場設営や供花、返礼品などの確認をして、進行の最終打ち合わせを行います。通夜は僧侶の読経の後に焼香、喪主挨拶の流れで行い、終了後には弔問客をもてなす「通夜ぶるまい」があります。その後、遺族だけが残り、灯明と線香を絶やさないように見守る「棺守り」をして過ごします。

通夜の流れと、遺族が留意しておくこと

葬儀・告別式

葬儀・告別式では、僧侶の読経、弔辞・弔電の奉読、焼香、喪主挨拶などを行います。喪主挨拶については、忌み言葉を使わないように気を付けるほか、挨拶の長さや内容にも配慮が必要です。一般参列者が退場した後は、遺族や親族だけで、棺に花を入れる「別れ花」などのお別れの儀を行い、出棺となります。

葬儀・告別式の流れと、喪主挨拶について

火葬

火葬場に移動したら、役所で受け取った火葬許可証を提出します。その後、納めの式、火葬、骨上げという流れです。火葬にかかる時間は1~2時間ほど。待ち時間は、参列者や僧侶へのもてなしにも気を配りましょう。

火葬~納骨までの流れを確認する

葬儀後

告別式や火葬が済んだら、喪主または個人の自宅へ遺骨を安置します。後飾り祭壇の準備をして、位牌・遺影・遺骨を安置したら、遺骨を迎え入れる儀式「還骨法要」を行います。また、還骨法要に続いて「繰り上げ初七日法要」をすることも。火葬後の法要が終わった後は、「精進上げ」として会食の席を設けて、葬儀でお世話になった方を労います。

火葬後の法要や精進上げについて

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す