一般葬

一般葬が選ばれている理由やメリット・デメリット、熊本市の葬儀費用などをまとめました。

一般葬とは?葬儀の流れや選ばれる理由は?

近親者のみならずたくさんの人と故人を偲ぶ葬儀

一般葬は、通夜の翌日に葬儀・告別式を行う、最も一般的な葬儀の形式です。家族や親族だけでなく、故人友人知人職場関係者近隣の方などにも訃報と葬儀日程をお知らせして、参列していただきます。

家族葬の参列者が1~40名程度なのに対して、およそ50名以上の参列者になるようであれば、一般葬を行うことが多いです。故人に社会的な地位があったり、人付き合いが多かったりと、訃報をお知らせする方が多い場合にも、一般葬が選ばれています。

一般葬は、費用や参列者への気遣いなどで、遺族の負担になることもしばしば。多くの弔問客が参列するため、親族や友人・知人など複数の方に受付をお願いしておく必要もあります。

熊本市で一般葬にかかる費用は?

一般葬にかかる費用の全国平均は約145万円で、このほかに飲食費と返礼品の平均額が約60万円、総額で200万円ほどになります。参列人数や会場、祭壇などのグレードによっても費用は大きく異なりますが、家族葬や一日葬と比べて一般葬の費用は高額になります。

ちなみに、熊本だけで見ると、葬儀費用(一般葬以外の葬儀形式を含む)の平均は約115万円、飲食費や返礼品を含めた総額は平均170万円程度です。

一般葬のメリット

たくさんの方に見送ってもらえる

家族や親族だけでなく、友人やお世話になった方々など、多くの方に最期のお別れをしていただけます。

葬式後の弔問客への対応が少ない

お葬式の時に、お世話になった方へ一気にご挨拶ができるので、後日、弔問に訪れる方一人一人に対応する負担が少なくなります。

一般葬のデメリット

葬儀費用の負担が大きい

一般葬にすると、遺族の金銭面での負担は大きくなります。葬儀そのものの費用だけでなく、飲食や返礼品にかかる費用も入れて予算を考慮することが大切です。

多くの参列者へ対応が必要

たくさんの参列者への気配りや対応が必要になり、遺族にとって心身の負担になることもあります。

参列者の人数が把握しにくい

実際にどれくらいの方が参列してくれるのか分からないため、用意していた食事が余ってしまうこともあります。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す