直葬

火葬を行わない直葬が選ばれている理由や、直葬にかかる費用相場などをまとめました。

直葬とは?葬儀の流れや選ばれる理由は?

通夜や告別式をせず、火葬のみを行う葬儀

直葬とは、お通夜や葬儀・告別式を省略して、火葬のみを行う葬儀形式で「火葬式」とも呼ばれています。祭壇を用意することもなく、火葬場の火葬炉の前で行う非常にコンパクトな葬儀になるため、参列者も家族などごく限られた身内だけで1~10名程度ということが多いです。

故人が身内もお付き合いのある人もほとんどいない場合や、経済的な理由、故人の意向などで、直葬が選ばれています。関東などの都市部では直葬を行う方も増えてきていますが、それ以外の地域では直葬を選ぶ方は少ない傾向があるようです。

熊本市で直葬にかかる費用は?

直葬にかかる費用の全国平均はおよそ20万~30万円。熊本市の葬儀社が設けている直葬プランで多い価格帯は15万~20万円です。葬儀社によって10万円以下のリーズナブルなプランもあれば、30万円以上する高価なプランもあります。

直葬プランには、人件費、寝台車・霊柩車の手配、仏衣などの旅支度、ドライアイス、枕飾り、役所手続きなどが含まれていることが多いです。ただし、葬儀社によってこれらで追加料金が発生する場合もあるため、葬儀一式費用にどこまで含まれているのかを事前に確認しておきましょう。また、葬儀社に支払う費用のほかに、火葬場に支払う費用や、飲食費・返礼品といった実費費用もかかります。

直葬のメリット

葬儀にかかる費用が安い

火葬だけなので、低予算で行うことができます。公営で無料の火葬場を利用したり、実費費用を減らしたりすれば、さらに費用を抑えることも可能です。

コンパクトな葬儀で遺族の負担が軽減

経済面でも心身的にも、遺族の負担が少ないです。「家族に負担をかけたくない」という故人の意向がある場合にも、適している葬儀形式になります。

直葬のデメリット

落ち着いてお別れの時間を過ごせない

お通夜や告別式を行わないので、ゆっくりとお別れの時間を過ごしたい方にとっては寂しいかもしれません。親族の中には、「家族葬などできちんと見送りたい」という方もいるかもしれないので、近親者でよく相談した上で決めましょう。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す