社葬

社葬を行う理由や一般葬との違い、社葬にかかる費用相場などをまとめました。

社葬とは?葬儀の流れや選ばれる理由は?

会社が主体となって行う葬儀スタイル

社葬は、一般的な葬儀と異なり、会社が主体となって行うお葬式のことです。喪主は遺族の代表者が務めますが、費用を負担する施主は会社になり、代表者が葬儀委員長を務めます。

故人が会社の社長や重役であった場合や、社会的影響力のある人物であった場合に、社葬という形式を選ぶことが多いです。

社葬は、故人を哀悼するためだけでなく、故人が残した功績を讃えて、会社の後継者や今後の盤石体制をアピールするという趣旨も併せ持っています。

一般的な葬儀よりも社会的な意味合いが強いため、参列者が数百人から千人以上になる大規模な葬儀となります。

社葬とは別に家族だけで密葬を行うことも

このほか、社葬と同様の趣旨で行われる葬儀には、会社ではない組織が主体となって行う団体葬や、遺族と会社が費用を出し合って行う合同葬もあります。

また社葬を行う場合、密葬と本葬を分けることも。故人との別れの時間を落ち着いて過ごしたい家族だけで密葬・火葬を行ってから、後日、本葬(社葬)を行います。

その場合、宗教色を排した無宗教葬やお別れ会として開催することも多いようです。

熊本市で社葬にかかる費用は?

大規模になる社葬は、参列人数や開催場所によって費用が大きく異なります。数百万円~数千万円規模になることも。一般的に、ホテルで行う無宗教葬よりも、寺院式場で行う仏式葬儀の方が高額になります。

大まかな費用相場にはなりますが、参列者300人の場合、ホテルなら600万円程度、寺院式場なら900万円程度です。また、開催場所だけでなく、生演奏などの演出やビデオ撮影などのオプションをつけることで、さらに高額になる傾向があります。

社葬のメリット

故人が残した功績が伝えられる

故人が会社でどのような功績を残したのかを伝えることで、遺族の気持ちを慰めるだけでなく、社内のモチベーション維持・向上にもつながります。

会社の盤石な体制がアピールできる

会社のリーダーとなる後継者が葬儀委員長を務めることで、今後の盤石体制の対外的なアピールになります。

遺族の経済的な負担がない

会社が施主となって費用を負担するため、遺族の経済的な負担がなくなります。

社葬のデメリット

落ち着いてお別れができない

大規模な葬儀となるため、故人とゆっくり別れの時間を過ごすことが難しくなります。そのため、家族だけで密葬をした後に、本葬として社葬を行うことも多いです。

しかし葬儀を2回行うため、遺族の心身的な負担が増えてしまうことも。

故人様の旅立ちに相応しい葬儀は?

熊本市で評判のおすすめ葬儀社3選

お葬式は多くの人にとって経験が少ないにも関わらず、短い期間で早急に準備をしなければなりません。もしもの時に備え後悔しないためにも、普段から葬式に対しての心構えと事前準備をしっかり整えておきましょう。

心のこもった葬儀プランを探す